交通ルール講座HOME > 反則行為と罰金

反則行為と罰金

自分の身の回りでも良く聞く、またうっかりしていると起こしてしまいがちな交通違反と罰金について紹介します。

1. 罰金一万円以上の反則行為

  • 速度超過(罰金9,000~35,000円)

    スピード違反は、速度によって細かく定められています。法定速度はあくまで、その道で安全に走れるように決められているものなので、速度超過は非常に危険な行為です。

    • 高速道路35以上40未満(数字は時速)、罰金35,000円
    • 高速道路30以上35未満、罰金25,000円
    • 25以上30未満、罰金18,000円
    • 20以上25未満、罰金15,000円
    • 15以上20未満、罰金12,000円
    • 15未満、罰金9,000円
  • 積載物重量制限超過(罰金25,000~35,000円)

    荷物を積み過ぎていると、ブレーキの効きが悪くなり非常に危険であると同時に、その状況にドライバーが気付きにくいため事故を誘発し危険です。

  • しゃ断踏切立入り違反(罰金12,000円)

    踏切は、遮断機が降り切ってない状態でも、すでに鳴り始めている段階で侵入してはいけません。万が一踏切内で立ち往生してしまう状態になると非常に危険です。踏切が鳴り始めたら、遮断機が降りはじめたら必ず停止しましょう。

  • 2. 罰金5千円以上の反則行為

    • 携帯電話使用等(交通の危険)違反(罰金9,000円

      携帯電話を使用しながらの運転は注意散漫となり危険です。今では、スマホをカーナビとして利用している場合もありますが、きちんと停止している時に操作するようにしましょう。

    • 無灯火違反(罰金6,000円)

      無灯火の場合、酔っている人が気付かず車に飛び出したり、交差点で互いの存在に気付かず出会い頭の事故が発生するなど危険です。

    • 定員外乗車違反(罰金6,000円)

      学生の場合やってしまいがちですが、自動車は定員に対して安全なように設計されているため定員以上乗るのは危険です。

    • 信号無視(点滅)違反(罰金7,000円)

      点滅信号の意味を確認すると、黄色の滅灯信号は「徐行」を意味して、赤の滅灯は「止まれ」(一事停止)を意味しています。

    • 最低速度違反(罰金6,000円)

      車が円滑に進めるよう、最低速度の違反があります。高速道路では、50km/h、一般道路だと標識があればそれに従うよう定められています。

    3.その他

    • 初心運転者標識表示義務違反(罰金4,000円)

      免許を取得して1年以内は、初心者マークを必ず見えるところに設置して運転しなければいけません。他の人の車を運転する場合などは、特に気をつけましょう。

    • 免許証不携帯(罰金3,000円)

      免許証を持たずに車を運転すると違反となります。
      この違反をとられた場合、当然ですが免許証を取りに行くまでの道のりに車を運転することはできません。

    まとめ

    以上、自分の身の回りでも聞いたことがある、交通ルール違反でした。
    罰金の大小に関係なく、交通ルールをしっかりと守って安全運転をしましょう。