交通ルール講座HOME > 知っておきたい飲酒運転の基準!

知っておきたい飲酒運転の基準!

非常に危険な飲酒運転。
飲酒運転は「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の2種類に分かれており、運転者、車両提供者、酒の提供者、飲酒を勧めた人、同乗者に罰金が与えられます。
飲酒運転の基準と行政処分、罰則について解説します。

1. 飲酒運転の行政処分

飲酒運転の行政処分は、3つの区分があります。

  • 酒酔い運転

    「酒酔い」とは、「アルコールの影響により車両等の正常な運転ができない状態」を言います。

    基礎点数 35点
    免許取り消し
    欠陥期間3年(運転免許を取り消されてから、運転免許を受けることができない期間が3年)

  • 酒気帯び運転(呼気中アルコール濃度0.15mg/l以上0.25mg/l未満)

    基礎点数 13点
    免許停止 90日

  • 酒気帯び運転(呼気中アルコール濃度0.25mg/l以上)

    基礎点数 13点
    免許取り消し
    欠陥期間2年(運転免許を取り消されてから、運転免許を受けることができない期間が2年)

2. 飲酒運転の罰則

  • 車両を運転した者

    酒酔い運転をした場合

    5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

    酒気帯び運転をした場合

    3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

  • 車両を提供した者

    (運転者が)酒酔い運転をした場合

    5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

    (運転者が)酒気帯び運転をした場合

    3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

  • 酒類を提供した者、飲酒をすすめた者又は同乗した者

    (運転者が)酒酔い運転をした場合

    3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

    (運転者が)酒気帯び運転をした場合

    2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

    3. 実際の感覚ではどのぐらい?

    体重65キロの成人男性を想定すると、酒気帯び運転のもっとも低い基準にひっかかるのは

    • ビール1缶弱(325ml、アルコール濃度5%)
    • 日本酒おちょこ3杯(96ml、アルコール濃度17%)
    • ワイン1杯(135ml、アルコール濃度12%)

    まとめ

    少しなら問題ないだろうと思っている人もいるかもしれませんが、少しお酒を飲んだ段階ですぐに基準にはひっかかってしまいます。
    基準にひっかからない程度しか飲んでいないから運転しても良いという話ではなく、「お酒を飲んだら運転しない」ということをしっかり守りましょう。