交通ルール講座HOME > 覚えておこう!事故に会った時の適切な対応

覚えておこう!事故に会った時の適切な対応

事故に遭わないよう、安全運転を心掛けることがもちろん大切ですが、いつ事故が起きるかはわかりません。交通事故の対処法をきちんと覚えておいていざという時に備えましょう。

1. 負傷者を救護する

事故で気が動転しているかもしれませんが、まずは冷静になり事故の状況を判断しましょう。まずは、負傷者の救護を行ない、119番通報を行ないます。
同時に忘れてはならないのが安全確保です。2次被害が出ないよう、事故を起こした車を道路のは他に寄せる、停止表示板があれば立てるなどの措置を行ないましょう。

怪我をしている人が目の前にいるので当然ですが、負傷者の救護を怠ると「救護義務違反( 道路交通法 72 条 )」の罰則を科せられます。さらに、救護をせずにその場を立ち去った場合は、理由に関係なく「ひき逃げ ( 救護義務違反 )」となり重い罰則を科せられます。

2. 警察へ事故の届け出をする

事故を起こした場合は、必ず警察へ報告しなければなりません。加害者からの報告は義務であり、被害者からの届け出も必要です。
報告義務を違反した場合に罰則が科せられるのはもちろん、レンタカーを運転していた場合には届け出が無いと事故として認められないため高額な請求が発生する可能性があります。

3. 相手の連絡先情報を確認する

この点は、特に被害者になった場合に重要ですが、氏名、住所、連絡先、車のナンバーを必ず確認しましょう。

4. 目撃者を確保する

事故現場が複雑な場合、どちらに過失があるのかを証明するのが難しく、目撃者に確認をとることがあります。
ここまで冷静に対処するのは難しいかもしれませんが、目撃者を確保しましょう。

5. 事故現場の保存をする

事故によっては、どちらの過失割合が高いのかで揉め、事故状況の言い分で食い違いが生じる可能性があります。事故現場の状況を証明できるよう記録をしましょう。
道路の状況、ブレーキ痕、車の破損箇所、怪我の状態を写真にとるなど、事故現場のそのままの状況を保存することで、証拠となる可能性があります。

6. 保険会社に通知する

車を所有している人の大多数は任意保険に加入しています。加入している人は、保険会社への通知を行なう必要があり、この報告を怠った場合保険が適用されなくなる可能性があります。

7. 医師の診断を受ける

事故直後は、大した怪我をしていなくても後から思い症状が現れる可能性があります。交通事故に遭った場合は、「事故直後に」病院に行き診察をしてもらいましょう。
時間が経ってから病院に行っても交通事故との因果関係を認められず、後の示談交渉にも影響を与える可能性があります。

まとめ

事故に遭ってしまった場合、気が動転してどうしても冷静に対処することは難しいですが、対処方法を頭の片隅にきちんと入れておいて、可能な限りしっかりとした対応を行なえるように心がけましょう。